マゾ女に安全に露出させるのにおすすめの場所

マゾと直接会えないときでも遠隔で調教することにより羞恥心や興奮を与えてやることはできます。

おすすめのプレイは露出です。とはいえ女が1人で露出しているとそれを見た男に襲われる可能性もあるので危険です。

そこで今回は安全性が確保されてはいいても見られるかもしれないという興奮を与えられる露出スポットを紹介します。

洋服屋の試着室

試着室はマゾ女にとって絶好の露出スポットです。誰にも見られないとはいえカーテンや薄いドアしかない場所で裸になることは「開けられるかもしれない」という恐怖と羞恥心をもたらすことができます。

最初は大手のファストファッション店のように複数のブースがあり客が自由に試着できる場所から始めましょう。

慣れてきたら店員が対面接客してくるような小さな店でやらせましょう。試着室の前で店員が待っている状態で裸になり撮影させるのです。店員が男ならより良いでしょう。

また足元が開いているタイプのドアがしかない試着室も興奮度を高めるのに役立ちます。

スパンキング(SM調教のお仕置きとしての方法)

公衆トイレの洗面台

公衆トイレの個室内であっても裸になるとそれなりに興奮させることはできます。

しかしもっとハードルを個室から出るように命令してみましょう。上げて手を洗ったり化粧を直す洗面台の鏡に映った裸の自分を撮影させるのです。

女子トイレとはいえ他の利用者に見られるかもしれないというリスクが興奮を生み出します。

最初は人がほとんどいないトイレでやらせ、その後はショピングモールや駅など他の人が来る可能性の高い場所でやらせましょう。

証明写真機

駅前などにある証明写真を撮影するための機械の中で露出させるというプレイもあります。カーテン1枚で下半身は丸見えですから難易度はかなり高まります。上半身だけ裸でも良いでしょう。

そして実際にその姿を撮影して印刷させましょう。プリントアウトされるまで裸で中にいるように命令してやると次の人が並んでいるかもしれないという不安を与えることができます。

電マ責めで潮吹きさせる方法

テントの中

私の周りだけかもしれませんがなぜかマゾ女は1人キャンプが趣味という子がけっこういます。都内でも電車で行けるキャンプ場がいくつかあるようです。

そこでテント内で露出させてみましょう。人がいなければ入口を開けた状態で外にスマホをセットして撮影させます。

他のキャンパーがいる場所では入口を閉めさせる代わりにシャッター音を消すことを禁止するなどしてドキドキ感を高めてあげましょう。

女の1人キャンプはチラチラ見てきたり話しかけてくる男もいるそうですからそれなりに楽しめるはずです。